ローヤルゼリーサプリメントの効果・効能と成分(栄養素)
★ローヤルゼリーの効果・効能と成分(栄養素)>ローヤルゼリーとハチミツの違い

◆ローヤルゼリーとハチミツの違いについて

ローヤルゼリーとは」のページにも書いていますが、ローヤルゼリーは働き蜂が食べる花粉や花蜜を体内で分解・合成し、咽頭腺から分泌する乳白色のクリーム状のゼリーです。

それにくらべハチミツは働き蜂が蜜を集める時、胃の前部にある蜜嚢と呼ばれる器官に蜜を貯め、蜜嚢がいっぱいになったら巣に持ち帰り、ハチミツの原料とします。

ローヤルゼリーとハチミツの味の違いは、ローヤルゼリーは酸味が強く舌に刺すような感じもします。それにくらべてハチミツの90%は糖質でできていますので、甘くまろやかな感じです。

ローヤルゼリーの成分(栄養素)」のページにも書いていますが、ローヤルゼリーの成分(栄養素)には脂質、糖質、タンパク質の三大栄養素をはじめ、そのタンパク質を構成する必須アミノ酸、非必須アミノ酸などがまんべんなく含まれています。

それにくらべてハチミツはわずかなビタミンとミネラルを含んでいる程度ですので、栄養価はローヤルゼリーよりはるかに低くなっています。

photo6働き蜂が持ち帰った蜜はその60%が水分で、ほとんどがショ糖(砂糖の主成分)です。これを巣の中で蜂が体内に持っている酵素でブドウ糖と果糖に分解され、水分も20%程度までに飛ばされてしまいます。

ローヤルゼリーとハチミツの大きな違いは、その栄養価の違いとともに使い方の違いにあります。

ハチミツは集めた働き蜂自身が食べるためのもので、ハチミツの中にはビタミン、ミネラル、アミノ酸などの微量栄養素がバランスよく含まれており、人類の食糧としての長い歴史があります。

それにくらべ、「ローヤルゼリーとは」のページにも書いていますが、ローヤルゼリーは蜜蜂のコロニー(生活共同体)の中では、女王蜂のみが食べることができる栄養価の高い特別食です。

さらにローヤルゼリーには三大栄養素やビタミン・ミネラル以外に、ローヤルゼリー特有の栄養素が含まれています。

ハチミツは良質な糖分でカロリーも少なく、健康食として価値のある食材ですが、ローヤルゼリーにはさらに多くの栄養素が含まれており、特有の栄養素で高血圧などの生活習慣病や更年期障害の改善など広い効果効能があります。

美容と健康のため、ぜひ一度ローヤルゼリーサプリメントのある、ハツラツとしたライフスタイルをご検討ください。

おすすめのローヤルゼリーサプリメントは
<<ローヤルゼリーサプリメントおすすめランキング>>
のページをごらんください。