ローヤルゼリーサプリメントの効果・効能と成分(栄養素)
★ローヤルゼリーの効果・効能と成分(栄養素)>ローヤルゼリーのアセチルコリン

◆ローヤルゼリーのアセチルコリンについて

ローヤルゼリーに含まれている成分のなかで、アセチルコリンはビオプテリンと同じように精神や神経に働きかける神経伝達物質に関係している成分です。

ローヤルゼリーのビオプテリン」のページにも書いていますが、ビオプテリンは神経伝達物質の生成に重要な役割をしている補酵素ですが、アセチルコリンは神経伝達物質そのものです。

アセチルコリンは自律神経の副交感神経を刺激する働きがあります。副交感神経とは、おもに人が眠っている時に働いている神経で、体の疲れやダメージを回復させたり神経を休める作用があります。

アセチルコリンで自律神経の副交感神経が交感神経より優位になると、神経がリラックスして寝つきが良くなり、体の疲れが取れたり内臓の働きが活発になり、便通が良くなったりします。

photo2ローヤルゼリーの更年期障害の改善効果」のページにも書いていますが、更年期障害になるとこの自律神経の交感神経と副交感神経がアンバランスになり、更年期障害特有の不快な症状に悩まされることになります。

ローヤルゼリーに含まれているアセチルコリンは、10-ヒドロキシデセン酸とともに更年期障害の症状をやわらげる効果があります。

またアセチルコリンが脳内から減少すると、運動障害が起こったり思考力が低下してアルツハイマー型痴呆症が進行しやすくなるといわれています。

このためローヤルゼリーはアルツハイマー型痴呆症の改善に効果があるといわれています。

ローヤルゼリーの高血圧改善効果」のページにも書いていますが、アセチルコリンはアドレナリンの分泌を抑制する効果もあり、血圧を下げる効果もあるといわれています。

美容と健康のため、ぜひ一度ローヤルゼリーサプリメントのある、ハツラツとしたライフスタイルをご検討ください。

おすすめのローヤルゼリーサプリメントは
<<ローヤルゼリーサプリメントおすすめランキング>>
のページをごらんください。