ローヤルゼリーサプリメントの効果・効能と成分(栄養素)
★ローヤルゼリーの効果・効能と成分(栄養素)>ローヤルゼリーのビオプテリン

◆ローヤルゼリーのビオプテリンについて

ビオプテリンは10-ヒドロキシデセン酸、類パロチンとともにローヤルゼリー特有のもので、ほかの物質には存在しない成分です。

ビオプテリンは体内で合成される補酵素の一つで、カテコールアミンやセロトニンといった神経伝達物質の生成に重要な役割をしている、テトラヒドロビオプテリンの酸化分解産物です。

テトラヒドロビオプテリンには抗酸化作用があり、体内の細胞を老化させる活性酸素を除去する作用を持っていると言われています。

ビオプテリンとは、テトラヒドロビオプテリンが活性酸素を除去した後に発生しますが、ビオプテリンが含まれているローヤルゼリーには抗酸化作用があり、さまざまな効果を発揮します。

ストレスなどで活性酸素が細胞の中に発生すると、すぐにその細胞組織を酸化させ細胞の機能を破壊します。

photo1私たちが年齢とともに老化したり、ガンや高血圧などの生活習慣病になる大きな原因に、この活性酸素が関わっていると考えられています。

また、紫外線の悪影響で肌の内部に発生した活性酸素は、肌のハリや艶を保っているコラーゲンを破壊したり、シミやくすみの原因になっているメラニン色素を発生させたりします。

この活性酸素の悪影響を抑えるのが、ローヤルゼリーに含まれている抗酸化作用のあるビオプテリンの役割なのです。

そして、ビオプテリンは神経伝達物質ドーパミンの合成を促すため、意欲を高めたりうつの症状をやわらげたりする効果があるといわれています。さらに子供の成長を促す作用もあるといわれています。

ビオプテリンは栄養素の吸収に関係した成分で、同じ働き蜂の幼虫が女王蜂へ進化するのをサポートしているといわれています。

美容と健康のため、ぜひ一度ローヤルゼリーサプリメントのある、ハツラツとしたライフスタイルをご検討ください。

おすすめのローヤルゼリーサプリメントは
<<ローヤルゼリーサプリメントおすすめランキング>>
のページをごらんください。