ローヤルゼリーサプリメントの効果・効能と成分(栄養素)
★ローヤルゼリーの効果・効能と成分(栄養素)>ローヤルゼリーのビタミン

◆ローヤルゼリーのビタミンについて

ローヤルゼリーの栄養素」のページにも書いていますが、ローヤルゼリーにはビタミンB群をはじめとする現代人には特に補足したいビタミン類が含まれています。

ローヤルゼリーには、ビタミンB1、ビタミンB12、葉酸、イノシトール、ビタミンB2、ナイアシン、アセチルコリン、ビタミンB6、パントテン酸、ビオチン、そして少しのビタミンCが含まれています。

このうちビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類が代表的なビタミンB群とよばれています。

ビタミンB群は三大栄養素の脂肪、糖質、タンパク質の代謝にお互いに助け合って効果を発揮します。特にビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12は同時に同量摂ることが必要といわれています。

ビタミンB1はおもに補酵素として糖質の分解に関わり、疲労回復作用や精神面の安定作用があります。

ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれ、脂質や糖質の代謝に関わり、皮膚や髪、爪などの発育に作用しています。

photo18ビタミンB6は脂質の代謝に関わり、皮膚や髪、歯の発育に作用し、神経伝達物質の合成にも作用しています。また正常な免疫機能には不可欠です。

ビタミンB12は赤血球の合成を助け、次の葉酸とともに核酸やタンパク質の合成に関わっています。

葉酸はビタミンB12と協力関係にあり、核酸やタンパク質の合成や皮膚の健康にも関わっています。

ナイアシンは糖質、脂質、タンパク質の代謝に不可欠で、脳神経の働きを助けたり血行を良くする作用があります。

パントテン酸は糖質、脂質、タンパク質の代謝に関わり、ビタミンB6や葉酸とともに免疫を強化する作用があります。くわしくは、「ローヤルゼリーのパントテン酸」のページをお読みください。

ビオチンはビタミンHとも呼ばれ糖質、脂質、タンパク質の代謝に関わり、皮膚の健康に作用しています。

なお、アセチルコリンは神経伝達物質として副交感神経や運動神経などに関わっています。くわしくは、「ローヤルゼリーのアセチルコリン」のページをお読みください。

美容と健康のため、ぜひ一度ローヤルゼリーサプリメントのある、ハツラツとしたライフスタイルをご検討ください。

おすすめのローヤルゼリーサプリメントは
<<ローヤルゼリーサプリメントおすすめランキング>>
のページをごらんください。