ローヤルゼリーサプリメントの効果・効能と成分(栄養素)
★ローヤルゼリーの効果・効能と成分(栄養素)ローヤルゼリーのその他の成分 記事一覧まとめローヤルゼリーのその他の成分 記事一覧1>ローヤルゼリーのロイヤリシン

◆ローヤルゼリーのロイヤリシンについて

ロイヤリシンはローヤルゼリー特有のタンパク質です。51個のアミノ酸からなる小さなタンパク質で、人のインシュリンホルモンと、ほぼ同じサイズのタンパク質です。

ロイヤリシンは抗菌ペプチドといわれ、強い抗菌・殺菌作用があり、抗生物質なみの抗菌力を発揮することで注目されている成分です。

細菌類は大きく分けてグラム陽性菌とグラム陰性菌の2種類に分かれており、グラム染色によってペプチドグリカンという細胞壁が厚いか薄いかの違いがあるそうです。

グラム陽性菌の球菌には黄色ブドウ球菌などのブドウ球菌や肺炎球菌などのレンサ球菌、桿菌には破傷風菌、ボツリヌス菌、ニキビの原因となるアクネ菌などがあります。

photo8また、グラム陰性菌の球菌には淋菌、桿菌には大腸菌、サルモネラ、赤痢菌、ペスト菌、らせん状桿菌にはコレラ菌、腸炎ビブリオ、ほかにマイコプラズマなどがあります。

ロイヤリシンはこのうちグラム陽性菌の抗菌に効果があるといわれています。

一般的にはグラム陽性菌はグラム陰性菌にくらべて相対的にそれほど危険ではないといわれていますが、黄色ブドウ球菌による中毒は感染性があり、嘔吐・吐き気をともなう非常に危険な状態になります。

さらに、ほとんどの抗生物質が効かないといわれる、耐性菌MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)になると、院内感染などで深刻な問題になるといわれています。

ローヤルゼリーに含まれているロイヤリシンは、これらのグラム陽性菌の予防としての効果が期待できます。

美容と健康のため、ぜひ一度ローヤルゼリーサプリメントのある、ハツラツとしたライフスタイルをご検討ください。

おすすめのローヤルゼリーサプリメントは
<<ローヤルゼリーサプリメントおすすめランキング>>
のページをごらんください。