ローヤルゼリーサプリメントの効果・効能と成分(栄養素)
★ローヤルゼリーの効果・効能と成分(栄養素)>ローヤルゼリーの更年期障害の改善効果

◆ローヤルゼリーの更年期障害の改善効果について

女性が40代後半の閉経時を迎えるころ、卵巣の働きが弱り女性ホルモンの分泌が低下して、更年期障害に悩ませられる方が少なくありません。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、いずれも女性の心と肉体に深く関係したホルモンです。

女性ホルモンの分泌は脳にある下垂体という部分が性腺刺激ホルモンで指令を出しており、閉経によって女性ホルモンが低下すると、このホルモンが過剰になり自律神経が不安定となり、更年期障害が起こります。

更年期障害の症状は、のぼせ、ほてり、発汗、ホットフラッシュ、ゆううつ、頭痛、めまい、動悸、疲労感、倦怠感、イライラ、肩こり、冷え性、耳鳴り、記憶力減退、睡眠障害などがおこります。

女性ホルモンの分泌の低下は、自律神経が不安定になるだけでなく、コレステロールが急に高くなったり、コラーゲンの生成が低下して骨粗しょう症が進行するなどの悪影響がでます。

photo15ローヤルゼリーは、この更年期障害の症状をやわらげる効果があるといわれており、更年期を迎える女性には最適な栄養補助食品です。

10-ヒドロキシデセン酸」のページにも書いていますが、ローヤルゼリーには10-ヒドロキシデセン酸という成分が含まれています。

これが女性ホルモンの受容体と結びつき、女性ホルモンの働きをサポートすると考えられています。

アセチルコリン」のページにも書いていますが、ローヤルゼリーにはアセチルコリンという成分も含まれています。

アセチルコリンは神経伝達物質の一種で、自律神経のうち副交感神経を刺激し、脈拍を整えたり不眠症を改善するなど自律神経のアンバランスをなくし、更年期障害の症状を改善します。

また、「類パチロン」のページにも書いていますが、アセチルコリンの働きで促された唾液の中には類パチロンという成分が含まれており、更年期で衰えた細胞の若返りの促進もします。

ひどい更年期障害の症状の予防や改善のため、ローヤルゼリーサプリメントの摂取をお早めに始められることをおすすめします。

美容と健康のため、ぜひ一度ローヤルゼリーサプリメントのある、ハツラツとしたライフスタイルをご検討ください。

おすすめのローヤルゼリーサプリメントは
<<ローヤルゼリーサプリメントおすすめランキング>>
のページをごらんください。