ローヤルゼリーサプリメントの効果・効能と成分(栄養素)
★ローヤルゼリーの効果・効能と成分(栄養素)>ローヤルゼリーの動脈硬化の予防効果

◆ローヤルゼリーの動脈硬化の予防効果について

ローヤルゼリーには高コレステロールと動脈硬化の予防効果があります

生活習慣病は命にかかわるリスクの高い病気として、わが国の厚生労働省も国民にその予防と改善を呼びかけています。

中でも脳梗塞や心筋梗塞は、本人の自覚のがない状態である日突然起こり、取り返しのつかない死につながる恐ろしい病気です。

その脳梗塞や心筋梗塞が起こる過程に動脈硬化があります。動脈硬化は別名サイレントキラー「静かなる殺し屋)と呼ばれ、自覚症状がないまま長時間かかってゆっくりと進行する病気です。

動脈硬化の原因は、リポタンパク質のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が、HDLコレステロール(善玉コレステロール)より過剰になり、血管の内壁に溜まることで起こります。

photo12健康診断の血液検査で、これら血液中のリポタンパク質が基準値より過不足になると脂質異常症と判断され、動脈硬化のリスクのアドバイスを受けることになります。

ローヤルゼリーのアピシン」のページにも書いていますが、ローヤルゼリーにはアピシンという糖たんぱく質が含まれており、肝臓でのリポタンパク質の過剰分泌を抑え、血液中のコレステロール値の上昇を抑える効果があることが確認されています。

ほかに、ローヤルゼリーにはパントテン酸が含まれており、パントテン酸は脂肪酸の代謝を促す効果がありますので、過剰なコレステロールを下げ、動脈硬化の進行を抑える効果があります。

パントテン酸は血液中の中性脂肪を代謝する効果もありますので、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を下げ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)値を上げる効果もあるといわれています。

パントテン酸はビタミンB群の一つで、ストレスをやわらげる効果や肌や髪を保護する効果もあります。

動脈硬化の予防には、生活習慣の乱れを整えるとともに食生活を見直し、運動不足を解消してLDLコレステロール(悪玉コレステロール)値を下げることがことが先決です。

美容と健康のため、ぜひ一度ローヤルゼリーサプリメントのある、ハツラツとしたライフスタイルをご検討ください。

おすすめのローヤルゼリーサプリメントは
<<ローヤルゼリーサプリメントおすすめランキング>>
のページをごらんください。