ローヤルゼリーの効果・効能と成分(栄養素)
★ローヤルゼリーの効果・効能と成分(栄養素)>ローヤルゼリーの作り方と人口王台

◆ローヤルゼリーの作り方と人口王台について

ハチミツは働き蜂が花から集めた蜜を巣に持ち帰り、巣の中で濃縮・熟成して出来上がることはご存知のことと思います。

養蜂場で蜜蜂の巣箱を設置し、木製の枠からハチミツを収集する様子は、テレビなどでも見られた方が多いと思います。

ハチミツは働き蜂が蜜を集める時、胃の前部にある蜜嚢と呼ばれる器官に蜜を貯め、蜜嚢がいっぱいになったら巣に持ち帰り、ハチミツの原料とします。

それにくらべて、ローヤルゼリーの作り方はどのようにしているのかをご存知の方は、あまり多くないと思われます。

ローヤルゼリーとは」のページにも書いていますが、ローヤルゼリーは働き蜂が食べる花粉や花蜜を体内で分解・合成し、咽頭腺から分泌する乳白色のクリーム状のゼリーです。

photo3このローヤルゼリーを、王台と呼ばれる女王蜂専用の部屋に貯めていきますが、一つの王台をローヤルゼリーで満たすのに500mgが必要とされ、実際採取できるのは300mg程度です。

また1gのローヤルゼリーを作るのに15万匹もの働き蜂が必要とされ、この王台を満たすのに3日間もかかるといわれています。

1回の採取量を増やすため、50~60個の人口王台に、孵化して間もない体長1ミリほどの幼虫を入れて巣箱に設置し、48時間~72時間で取り出して幼虫を取り除き、ローヤルゼリーを採取します。

人口王台の設置量をこれ以上増やしすぎたり、取り出すまでの時間がかかりすぎると、ローヤルゼリーの品質が悪くなるといわれています。

ローヤルゼリーの作り方は、この人口王台からの採取ですが、1回に摂れるローヤルゼリーは巣箱1つでわずか15g程度です。

これらの作業はすべて人の手で行われますので手間暇がかかり、春から夏にかけての季節的な制限もあり、採取量も少ないのでハチミツに比べローヤルゼリーは非常に希少価値が高いのです。

美容と健康のため、ぜひ一度ローヤルゼリーサプリメントのある、ハツラツとしたライフスタイルをご検討ください。

おすすめのローヤルゼリーサプリメントは
<<ローヤルゼリーサプリメントおすすめランキング>>
のページをごらんください。